患者・医療職部会

部会メンバー (委員氏名:五十音順)

 部会長 渡邊清高(医師)
 副部会長 西森久和(医師)      
 部会員 天野慎介(患者会代表) 大野真司(医師) 岡本禎晃(薬剤師) 桜井なおみ(患者会代表)
  篠崎勝則(医師) 新小田雄一(医師) 辻 晃仁(医師) 増田昌人(医師)
松井優子(看護師) 安本和生(医師    

活動方針

  がん医療における支持療法は、患者・家族の生活の質(QOL)の維持向上のために必要不可欠である。支持療法の重要性を患者・家族・医療者(特にがん専門でない一般医療職)等に伝え、がん医療・療養生活の質の向上、ひいてはがんになっても安心して暮らせる社会の構築に貢献する。本部会の業務としては、次のようなものがある。

  1. がんの支持療法に関する教育・研修の企画立案、実施とその支援
  2. がん治療、がん治療の有害事象とマネジメント、支持療法に関する情報の収集と評価分析
  3. がん治療、支持療法等に関する最新の信頼できる情報の発信と普及啓発
  4. その他本学会の運営方針および本部会の目的の趣旨に沿う事業 など

支持療法に関する包括的な患者向けウェブサイトの立ち上げや、MASCCの教育部会活動の分析と連携、なども視野に入れている。