痛み部会

部会メンバー (委員氏名:五十音順)

 部会長 服部政治(医師)
 副部会長 里見 絵理子(医師)    
 委 員 上野博司(医師) 加藤陽子(医師) 葛巻直子(薬剤師) 肥塚史郎(医師)
小山 富美子(看護師) 鶴田理恵(看護師) 林 章敏(医師) 山口重樹(医師)

 痛み部会は、がん疼痛の治療法に関するワーキングをターゲットとしたメンバー構成にした。内科的・緩和医療的アプローチやガイドラインに精通した面々、ペインクリニック的・外科的アプローチやガイドラインに精通した面々、臨床の現場で患者にもっとも近い看護師の視点から意見できる面々、そして、あらゆる場面で基礎的・臨床的な薬学アプローチができる面々に協力してもらうこととなった。

活動方針

 がんに伴う身体的痛みの病態、診断・治療に関する最新の情報を収集・解析する。また、身体的痛みの薬物療法、非薬物療法に関して最新の情報を収集・解析するとともに、治療法に関する研究の方向性について検討する。関連学会と連携して痛みの治療法に関するガイドラインの作成・改訂に協力していく。
 また、MASCCとの連携も含めてInternationalに活動できるような国際共同研究などにも積極的に参加する方向で活動を進めていく予定である。

ガイドライン

 NCCN guidelines: Adult cancer pain, http://www.nccn.org/

 日本緩和医療学会:がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン.http://www.jspm.ne.jp/